SQUAD UPDATE v3.0リリースノート

Pocket

 この文章は Squad Update v3.0 Release Notes : Squad – Communicate. Coordinate. Conquer. にて公開されている、バージョン3.0のリリースノートです。バージョン3.0は6月22日(水)18:00(UTC)(日本時間では6月23日の3:00)に公開予定の、Squadの最新バージョンです。

 以下から、原文からの翻訳文章です。

Attention, Squaddies

 明日、我々開発チームはSquad v3.0のリリースを予定しています。

 v3.0には数多くの改善、修正、その他の変更がありますが、最も重要なのはアメリカ海兵隊の追加、新しい水陸両用の車両系の追加および新マップ「Black Coast」の追加です。

 その他にも多くの点で、ゲームプレイの変更を行いバグに対処しています(チェンジログは下記をご参照ください)。

 Squad v3.0は、6月22日(水)18:00(UTC)にリリースされる予定です。

at ease,

Offworld Industries.

CHANGELOG

Amphibious Gameplay and Water Interaction

下記の更新履歴では、主に水陸両用の車両系についての更新を紹介します。

  • 概要
    • 海兵隊員となって沖合の船から水陸両用で突撃しよう。
    • 車両のユニークな能力と派閥の非対称性を活用して、新しい戦術的な作戦を成功させましょう。
  • 水陸両用機能を持つ車輌のリスト
    • AAVP-7A1 APC – NEW
    • AAVC-7A1 Command/Logistics Vehicle – NEW
    • LAV-25 Armoured Recon Vehicle – NEW
    • ASLAV Armoured Recon Vehicle
    • BMP-1 IFV
    • BMP-2 IFV
    • BTR-80 APC
    • BTR-82A APC
    • BRDM-2 Scout Car
    • MT-LB APC
  • これらの完全な水陸両用車に加えて、多くの軍用車両は一定の深さの水域に侵入することができます。また、その他のあまり頑丈でない車両は、だんだんと減速して最終的には浸水してしまいます。(訳注 テクニカルなどに使用されている民生車両を指していると思います。)
  • 特徴
    • 波、浮力、水の抵抗などの車両に関するフィジックスを完全に再現しました。
      • 内海では波がより穏やかになります。
    • 歩兵と水とのインタラクションが改良されました。
      • 水深の深い場所では移動速度がさらに低下し、水深に応じて変化します。
      • 水深の深い場所で移動しようとするとスタミナが消耗し、水深に応じて変化します。
      • 胸までの深さの水を通過する際、歩兵は武器を頭上に上げるようになりました。
      • 溺死ダメージが調整され、バランスが見直されました。
    • 上陸戦のInvasionレイヤーにおいて、海岸線のスポーン地点を非水陸両用の車両の為に追加しました。
    • ドライバーのHUDとマップの車両リストに、水陸両用であることを示すアイコンを追加。
    • 水中への進入/上陸時に車両のウェイクプレートが動作するようになりました。

American Marine Forces Faction

アメリカ海兵隊勢力の概要

  • 象徴的な武器、装備および戦術
  • BLUFORへの水陸両用能力を追加
  • 新規追加 / 変更された 武器
    • M16A4 Full Length 5.56mm Rifle
    • M27 IAR + SDO Optic 5.56mm Rifle
    • M38 5.56 DMR
    • M249 SAW + SDO Optic 5.56mm LMG
    • M240 + MGO Optic 7.62mm MMG
    • M16A4 + M203 40mm Under-Barrel Grenade Launcher
    • SMAW Heavy Anti-Tank
    • OKC-3S Knife
  • アメリカ陸軍と共通の武器
    • M4 Carbine 5.56mm Rifle
    • M136 Medium Anti-Tank
    • M72A7 light Anti-Tank
    • M9 9mm Pistol
    • M67 Fragmentation Grenade
    • M18 Smoke Grenade
  • 装備品
    • Rifleman (3 variants)
    • Corpsman (2 variants)
    • Squad Leader (3 variants)
    • Crewman (2 variants)
    • Pilot (2 variants)
    • Automatic Rifleman (2 variants)
    • Light Anti Tank (2 variants)
    • Heavy Anti Tank (2 variants)
    • Grenadier
    • Marksman
    • Machine Gunner
    • Combat Engineer
  • 車両
    • RHIB Watercraft
      • RHIB Transport
      • RHIB Logistics
      • RHIB M240
      • RHIB M2 
    • M1151  Light Armoured Car
      • M1151 Open Top M2
      • M1151 Open Door M2
      • M1151 RWS M2
    • M-ATV Armoured Car
      • M-ATV Open Top M2
      • M-ATV RWS M2
      • M-ATV TOW
    • AAVP7-A1 Armored Personnel Carrier
      • AAVP7-A1 Amphibious APC
      • AAVC7-A1 Amphibious Armored Logistics
    • LAV-25A2 Amphibious Armoured Reconnaissance Vehicle
    • M1A1 Main Battle Tank
    • UH1Y Transport Helicopter
  • マップレイヤー
    • アメリカ海兵隊追加の為多くのマップレイヤーを更新
    • サーバー所有者への注意事項:
       マップBlack CoastのPOI Subpen – このフラグロケーションは現在パフォーマンス上の理由からAAS v1とSeed v1のみに存在しています。Black Coast AAS v1を実行する場合、プレイヤーのクライアントパフォーマンスが大幅に低下する可能性があることに留意してください。またPOI Subpenは今後改良予定で、将来のアップデートでより多くのマップレイヤーに追加されるように修正される予定です。
      • Al Basrah Invasion v2
      • Belaya RAAS v2
      • Black Coast AAS v1
      • Black Coast Invasion v1
      • Black Coast Invasion v2
      • Black Coast RAAS v1
      • Black Coast RAAS v2
      • Black Coast Seed v1
      • Black Coast Skirmish v11
      • Black Coast RAAS v3
      • Black Coast RAAS v4 
      • Black Coast Invasion v3 
      • Fallujah Invasion v1
      • Fallujah Invasion v3
      • Fallujah RAAS v1
      • Fallujah RAAS v3
      • Fallujah RAAS v6
      • Goose Bay RAAS v3
      • Goose Bay Invasion v4
      • Gorodok AAS v4
      • Gorodok RAAS v6
      • Jensen’s Range v3
      • Kohat RAAS v2
      • Lashkar RAAS v5
      • Mutaha RAAS v6
      • Narva AAS v4
      • Narva RAAS v2
      • Sumari AAS v5
      • Tallil RAAS v1
      • Tallil Seed v1
      • Yehorivka AAS v4
      • Yehorivka RAAS v1
  • Mutaha RAAS v3 はオーストラリア軍をイギリス陸軍が置き換える形で更新されました。
  • メインメニューのエントリーマップを更新し、USS Essex WASP class LHDが嵐から脱出する様子を表現しました。
  • USMC陣営のDiscord Rich Presenceの設定を更新しました。

New CAF Vehicles

  • 車両の新規追加: CAF Coyote Armoured Recon Vehicle
  • 車両の新規追加: CAF CH-146 Transport Helicopter

System & Gameplay Updates

  • 水陸両用機能をフィーチャーした新マップを追加しました。Black Coast
  • USSエセックスをフィーチャーした、水陸両用機能に特化した新たな訓練マップ、「Pacific Proving Grounds」を追加。
  • USA M1A2、USMC M1A1戦車の砲身にニックネームを追加。
  • 泥、雪、土、水とのキャラクターインタラクションを追加。これらの素材はキャラクターのユニフォームに汚し表現を加えるようになりました。
  • トレーニングメニューを更新し、全ファクションのトレーニングレイヤーにJensen’s Rangeへのリンクを追加。
  • 歩兵武器の腰撃ちのリコイルビジュアルアニメーションをより激しく表示するよう更新。
  • リペアステーションの未建築および建築途中の表示について、より正確に表現する為垂直方向のビジュアルが変化するように更新。
  • チケット表示を更新し一般的な車両チケット数を削除。車両の正確なチケット数は、車両カードリストで表示されるようになりました。
  • MEA Ural 4320とRUS Kamaz 5350のギア比を更新。
  • 武器のリロード中に車両に乗り降りする際のゲームフローを更新しました。リロードアニメーション中に、リロードを終える前に車両に入ると、リロードがキャンセルされます。
  • 車両爆発時のスプラッシュダメージの強さを調整。車両爆発による歩兵への致命的なダメージが軽減されました。
  • AUS M1A1車長席のM2が、砲塔のスタビライザーを使用するように調整されました。
  • 複数の車両タレットに搭載された様々なGPMG兵器の再武装コストを調整しました。
    再武装コストは、場合によっては大幅に削減されます。
    影響を受ける車輌:
    • USA MATV CROWS w/M240B : 全補給までのコストを 150 弾薬ポイントに変更 (563より減少)
    • USA M1126 RWS w/M240B : 全補給までのコストを 150 弾薬ポイントに変更 (563より減少)
    • GB FV432 RWS w/M240B : 全補給までのコストを 150 弾薬ポイントに変更 (563より減少)
    • GB FV4032 MBT 装填手 turret M240B : 全補給までのコストを 150 弾薬ポイントに変更 (563より減少)
    • CAF Leopard 2 loader’s turret C6A1 : 全補給までのコストを 150 弾薬ポイントに変更 (250より減少)
    • CAF LAV 6 open-top turret C6A1 : 全補給までのコストを 440 弾薬ポイントに変更 (500より減少)
    • CAF M113 open-top turret C6A1 : 全補給までのコストを 440 弾薬ポイントに変更 (500より減少)
    • CAF M113 TLAV coaxial C6A1 : 全補給までのコストを 220 弾薬ポイントに変更 (750より減少)
    • CAF LUVW open-top turret C6A1 : 全補給までのコストを 440 弾薬ポイントに変更 (500より減少)
  • CAF M113 TLAV 砲塔のインベントリ構成を調整 – 同軸GPMGは、他の類似車両(BTR-80、BRDM-2など)と同じ武器スロットを使用するようになりました。
  • CAF LUVW Transport の車種を更新し、Logistics の車種との区別をより明確にしました。トランスポートには車体屋根上のカーゴキャリアがありません。
  • 1P78 (RU AK74m ライフルスコープ) と ZF-1 スコープ (MEA G3 ライフルスコープ) のレティクルをより薄く、測距時により邪魔にならないように更新しました。
  • GB FV107、USMC LAV-25、CAF Coyoteが車両リストメニューとマップ画面で新しいRecon Vehicleのアイコンを使用するように更新。
  • USA MATVの砲塔のテクスチャカラーを調整し、車体の他の部分とよりマッチするように変更。
  • CAF車両の色を調整し、全体的に調和するように改良しました。
  • MEA/INS G3 Rifleのポリマーストックとハンドガードの見た目の粗さを減少させるよう調整。
  • GB FV4034とCAF Leo2 MBTの森林迷彩を調整し、砲塔のカモフラージュネットの遠景を削除して、最適化と見た目の品質を向上。
  • GB LDS Elcanのレティクルを調整し、数字を太くすることで可読性を向上させました。
  • GPMG砲塔武器とNSVキューポラ機銃を使用する全ての車両を適切なLODに調整し、これらのアセットを最適化し改良。
  • M9ピストルの割当てが全てUSMCに変更された為、すべてのUS ArmyのキャラクターアートワークをM17 MHSピストルに変更。
  • 起動時のスプラッシュイメージをUSMCのものに更新。
  • CAFチームセレクトメニューのイメージを、新しいキャラクターモデルとCH146に更新。
  • AUSナイフのテクスチャーの使用量を32552kbから5461kbに最適化。
  • Skorpoキューブマップのテクスチャ使用量を49152kbから8192kbに最適化。
  • テクスチャーメモリのテクスチャー使用量を49152kbから8192kbに最適化。
  • Yehorivkaマクロマスクのリソースサイズの最適化。
  • いくつかの非パワー2マクロマスクのテクスチャ使用量を65536kbから8192kbに最適化。
  • スカイボックスを低解像度モニター/低スクリーン率向けに最適化
  • パーティクルモーションのベクター圧縮をvector displacementらbc7に最適化。
  • ビークルレティクルの圧縮とmipsの最適化。
  • F88、AUS Binos、SUSATのテクスチャ圧縮をbc7に最適化しました。
  • クレジットを更新しました。

Audio Updates

  • メインメニューに新しい音楽トラックを追加。
  • M4 Rifleの発射音を更新。
  • AK74 Rifleの近接時の射撃音を更新しました。
  • CAF C7ライフルシリーズのSFXを更新し、ROFのタイミングを改善し、中距離射撃の低音を減少。
  • DShK HMGの近接時の射撃音をよりパワフルなサウンドに変更
  • M2 HMGの近接時の射撃音をよりパワフルなサウンドに変更
  • CAF LUVWのエンジン音を更新しました。
  • 歩兵関連のサウンドを更新し、泥の着地音、泥を這う音、泥と格闘する音など、泥とインタら鵜とした際のサウンドを追加。
  • 50calの弾丸に新しい木材に当たった際の音響効果を使用するよう更新。
  • 弾丸のクラック音の微調整を実施。
  • 30mm弾の至近弾のサウンドを調整。
  • 設置兵器とテクニカルの砲塔回転の音声を調整。
  • 一人称視点のヘリコプターの銃座の射撃および再装填時の、muffled EQを無効化。
  • 足音の着地音が小さすぎるというオーディオの問題を修正し、通常の足音と一致するよう変更。
  • エンジン破壊音が欠落していたいくつかの車両の音声の不具合を修正。
  • DSHKとM2 HMGの遠距離射撃サウンドの音量が、近距離から中距離に変化するオーディオの問題を修正しました。

General Bug Fixes

  • パッチのインストール時間に影響を及ぼしていた問題を修正しました。これは、v3.0以降のパッチのインストール時間を改善するものであり、長いインストール時間を完全に解決するものではありません。この問題の解決策については、引き続き調査を行います。
  • 歩兵のラグドールに関連するサーバークラッシュを修正。
  • 特定のグレネードランチャー、双眼鏡、ロケットランチャー(M72A3など)がリロード時や装備時などにアニメーションの開始に不要な遅延が発生するアニメーションの問題を修正。
  • AUS止血剤の再装備に必要な弾薬ポイントが5ではなく10であった問題を修正。
  • 特定のユーザーからの入力がラリーポイントを破壊するゲームプレイ上の問題を修正。
  • AUS/GB HX60 TruckのF2助手席兵士のブーツが車両メッシュを通してクリッピングしていた問題を修正。
  • seedレイヤーにおいて、あらかじめ配置された配置物が破壊された後に意図せずリスポーンしてしまう問題を修正。
  • M4 M150 ACOG M203 Rifleのフロントサイトマウントの位置がずれている問題を修正。
  • RUS Kamaz5350トラックに関するゲームプレイ上の問題を修正。
    これにより、車両のハンドリングが大幅に改善されます。1速と2速の間の変速ポイントで高い精度が得られるよう、サブステップの速度閾値を増加。また、ホイールセットアップが急旋回時の車両の安定性に影響を及ぼしていた問題を修正。
  • Light APCが味方の攻撃によって破壊された場合、5チケットではなく10チケットが消費される問題を修正。
  • M1151 INS Blackの砲手が直接爆発物/フラッグのダメージを受けない問題を修正。
  • INS Black M1151の爆発物ダメージが正しく入らずに、時限式の爆発物で破壊できない不具合を修正。
  • CAF LAV6 IFVのコリジョンメッシュで、兵士が車体後部にクリップインしてしまう問題を修正。
  • ヘリコプターのテールローターへのロケット弾の爆発を正しく表示しない見た目上の問題を修正。
  • INS/MIL BMP1 IFVにおいて、ATGMロケット弾のビジュアルメッシュが発射後も車体上に残るという見た目上の問題を修正。
  • Militia歩兵のroughness/metaric値に関する視覚的な問題を修正。
  • RUS/MEA BMP2 のフロントホイールリグのビジュアルに関する問題を修正。
  • CAF TLAV APCの砲塔が大破したときのメッシュが表示されていなかった視覚的な問題を修正。
  • INS/MIL Mosin Rifleのmetal albedoが明るすぎるという視覚上の問題を修正。
  • AUS Browning MK3 Pistolのテクスチャがちらつく視覚上の問題を修正。
  • BTR80、MTLB 6MA、BRDM-2、BRDM-2 Spandrelsの砲塔の外側にプレイヤーの影が見える場合があるという視覚上の問題を修正。
  • Ammo Bagとラリーポイントの視覚的な問題を修正。
    陣営間で砂漠と森林のパターンに矛盾がありましたが、これらはすべての陣営およびすべての環境で森林に標準化されました。
  • GB FV510 IFVの視覚上の問題を修正。
  • RUS KAMAZトラックで、トラック後部のアオリの法線が崩れていた視覚上の問題を修正。
  • CAF Rifleman 2 Arid 歩兵のメッシュで、ヘルメットのスクリムの視覚的な異常を修正。
  • MIL + INS リペアステーションの視覚上の問題を修正。
    最初の設営状態で、ジェネレーターの枠が2倍になり、メッシュにクリップされていました。
  • MEA BRDMホイールハブキャップの誤ったテクスチャ使用を修正。
  • MEA UB32 ロケットポッドの砲塔に誤ったテクスチャが使用されている問題を修正。
  • INS Black M1151 Light Jeepの車両残骸のテクスチャが欠落していた視覚上の問題を修正。
  • G3 Z pointの選択アイコンのビジュアルが統一されていない問題を修正。
  • Militia Machine Gunner の首の後ろのスキニングが不適切な視覚上の問題を修正。
  • GB Rifleman Soldierの後背面のスキンのウェイトが悪いという視覚上の問題を修正。
  • GB Automatic Riflemanのメッシュに、2つのラジオパックがある視覚上の問題を修正。

Map Updates & Bug Fixes

  • 新しいCAF車両を含むようにCAFのマップレイヤーを更新しました。
  • 新しい海/湖水のインタラクションを使用するために以下のマップを更新しました。
    Al Basrah、Goose Bay、Narva、Skorpo。
  • マップ開発者が配置したすべてのレイザーワイヤー(Al Basrah VCPなど)を、設置可能なレイザーワイヤーと同じダメージと移動のペナルティ設定に更新。
  • 枯れたポプラの木が悪いアンビエントオクルージョンを持つという視覚上の問題を修正。
  • 風の影響を受けた際に、様々な地表のカバー素材が呼吸しているように見える視覚上の問題を修正。
  • キャットテイル・プラントのメッシュが風に吹かれると破損する視覚上の問題を修正。
  • Infantry Tutorialで草が浮いたり、道路が緑色になったりする視覚上の問題を修正。
  • Anvil Skirmish v1, Goose Bay Skirmish v1, Lashkar Skirmish v1 – 拠点制圧時の獲得チケット数の問題を修正。他のSkirmishのように動作するはずです。
    • 拠点の完全制圧で+20チケット
    • 中立拠点の制圧で+10チケット
  • Anvil RAAS v1 – MBTが両チームでスポーンしない問題を修正。
  • Al Basrah Seed v1 – 配置済みFOBのビジュアルに関するマイナーな問題を修正。MEAがRUSラジオメッシュとサウンドを誤って使用していました。
  • Belaya RAAS v5 – CAFに欠けていたヘリポートとヘリのスポナーを追加。
  • Fools Road Invasion v1 – 名前のスペルを修正(vが抜けていました)。
  • Goose Bay – 空港ビルの屋上でのコリジョンを修正。
  • Goose Bay Invasion v4 – 浮いている弾薬の木箱を修正。
  • Goose Bay RAAS v3 – USMC vs RUSの新しいマップレイヤーを追加。
  • Goose Bay Skirmish v1 – 両チームのメインベース補給エリアが十分に広くないという問題を修正。
  • Goose Bay Invasion v3 – RUSのメインベース補給エリアがヘリポートを含んでおらず、ヘリコプターの補給を妨げていた問題を修正。
  • Goose Bay Invasion v4 – USMCをフィーチャーした新しいマップレイヤーです。
  • Gorodok RAAS v11 – River Fortificationが同じレイヤーに2回、重なって表示されることがある問題を修正。
  • Gorodok – Gorodokのスカイボックスで木と煙が見える問題を修正。
  • Gorodok – 大きな草の表示を簡素化して修正。
  • Infantry Tutolial – USMCの車両と歩兵を追加した為、車両と陣営確認用の掲示板を更新。
  • Jensen’s Range v6 (AUS/RUS) – AUS MRH90 ヘリコプターが着陸パッドで爆発する問題を修正。
  • Jensen’s Range – AUS/RUSとUSMC/RUSマップレイヤーのためにオーストラリア/RUS Jensens Rangeメインメニューの選択リンクを追加。
  • Kamdesh Invasion v4 – AUS MRH90ヘリコプターが着陸パッドで爆発する問題を修正。
  • Kohat AAS v2 – Mid DayからEarly Morningのライティングに変更。
  • Manic-5 – 上部の貯水池の深さが非常に浅くなるように更新。
    これは水陸両用ゲームプレイのためにマップが完全にアップデートされるまでの、技術的な問題に対する暫定的な回避策です。
  • Mutaha Invasion v1 – INS Ural375 輸送トラックを追加。
  • Mutaha RAAS v3 – AUSからGBへ陣営を差替えて更新。
  • Mutaha RAAS v5 – MEAのMBTスポナーの位置が悪い問題を修正。
  • Narva – 水陸両用対応の水をオブジェクトとして追加し、Narvaの景観マテリアルを更新しました。
  • Sumari Seed v1 – マップにあらかじめ設営されたFOBのビジュアルに関するマイナーな問題を修正。
  • Tallil Outskirts – LOD/landscapeエクスプロイトによる視覚的な異常と、過度のヘリコプターからのスポッティングを避けるために、全てのTallilマップレイヤーのヘリコプター非行可能高度を600mから300mに下げるよう調整。

SDK Updates & Bug Fixes

  • v3.0の新しいSquad Versionと互換性を持たせるために、Mod Major Versionを増加させました。
  • 車両スポナーに、デバッグ用に車両種別を選択する際に、使用するバイオームを上書きできる機能を追加しました。
  • 車両スポナーに必須タグを設定する機能を追加しました。これは、例えばEssexウェルデックに水陸両用車しかスポーンしないようにするために使用されます。
  • 新しい実験的なゲームプレイスクリプトシステムを追加。これは、ゲームプレイのスクリプトを素早く作成するための基本的なシステムです。例えば、v3.0では水陸両用に特化した特定のInvasionマップレイヤーで使用され、最初のCPを占領した後に車両/歩兵のスポーンを有効/無効にすることができます。
  • 全く新しい海と湖のBPを追加しました。これらの水による効果は波の発生や歩兵と車両の水上インタラクションを可能にします。これらをセットアップするためのチュートリアルは、今後作成される予定です。
  • 車両スポナーを更新し、水上での車両スポーンを可能にしました。
  • 車両の砲塔の最適化のため、オーバーホールを行いました。砲塔のロジックはコンポーネントに統合されました。既存のカスタム車両も(一応は)動作しますが、新システムへのアップデートをお勧めします。
  • 静的なシーンやシネマティクスのセットアップを容易にする、シネマティックキャラクターのブループリントのプロトタイプが追加。また、シーケンサーで使用するための改良型プロジェクタイルスポナーを追加。
  • ミニマップ生成ツールを更新し、マップコーナーがない場合はランドスケープコンポーネントのバウンドを使用し、タイトで適切なバウンド処理を行うようにしました。
  • 干し草の俵と雪のポールのプロップをSkorpoマップフォルダからGenericに移動し、リダイレクトを削除。

Clear Cache to resolve residual issues

  • アップデート後に問題が発生した場合は、「SETTINGS」から「CLEAR CACHE」を行ってください。

Offworld out.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください