SQUAD UPDATE V2.15リリースノート

Pocket

 こちらの文章はSQUAD UPDATE V2.15 RELEASE NOTES : Squad – Communicate. Coordinate. Conquer. にて公開されている、Squadのバージョン2.15のリリースノートです。バージョン2.15は日本時間の4月14日(水)のAM3:00に公開予定の、Squadの最新のバージョンです。

 以下、翻訳。

Attension Squaddies,

 Squad v2.15は、我々開発チームがより更新頻度高くアップデートを提供することを目的とした、Squadの新規リリースです。このアップデートは今年に入ってから(ホットフィックスを含まず)三番目の機能追加です。

 このv2.15アップデートでの目玉は、皆さんがとても楽しみにしてきた「オーストラリア軍」の追加コンテンツです。より軽歩兵としての機能に焦点を当てたブルパップ方式の主武装を持つ陣営で、特有のCombat Engineer職を備えています。またv2.15では、カモフラージュネットを備え歩兵が遮蔽物として利用可能なFOBの設置物なども併せて追加されています。パーティクルVFXなど視覚効果やパフォーマンス最適化の点でも、開発チームは更新を提供しています。

 またそのほかにも、多くのバグに対する対応など、下記のような更新を提供しています。

Squad v2.15は4月13日水曜日の19:00UTCに公開予定です。

CHANGELOG

オーストラリア軍

  • 新規陣営の追加 – オーストラリア軍
  • 「Squadは南半球の友人たちを歓迎します。」
  • 軽歩兵(Light Infantry)に焦点を当てています。
  • ブルパップ方式の主武装を装備しています。
  • 独自のCombat Engineer職を有しています。

歩兵

  • 迷彩パターン: AMCU (新規追加)
  • 拳銃: Hi power pistol MK3 (新規追加)
  • 主武装(等倍サイト):  EF88 + Eotech 552 (新規追加)
  • 主武装(倍率サイト):  EF88 + Elcan Specter 4x (新規追加)
  • Grenadier: EF88 + SL40 UGL (新規追加)
  • Designated Marksman (DMR): HK417(新規追加)
  • Light Machine Gun (LMG): F89 Minimi (新規追加)
  • General Purpose Machine Gun (GPMG): Maximi (新規追加)
  • 手榴弾: Australian F1 手榴弾(新規追加)
  • 煙幕手榴弾: M18 (USA/GB/CAFと同一の物)
  • 時限式の爆発物: CompB Explosive (新規追加)
  • Light Anti-Tank (LAT): M72 LAW(USA/GB/CAFと同一の物)
  • Heavy Anti-Tank (HAT): Carl Gustaf(USA/GB/CAFと同一の物)
  • Crewman & Pilot: EF88C(新規追加)
  • ナイフ: SOCP(新規追加)
  • 双眼鏡: AUS Binoculars(新規追加)

車両

  • 補給車両: HX60(GB装備品のリテクスチャ)
  • 非武装の輸送車両:  HX60(GB装備品のリテクスチャ)
  • 装甲車両:
    • PMV Open Top Mag58(新規追加)
    • PMV Open Top 3x Mag58(新規追加)
    • PMV RWS M2(新規追加)
  • 歩兵戦闘車両 (IFV): ASLAV-25(新規追加)
  • 主力戦車 (MBT): M1A1 Abrams(USA装備品の改変)
  • 輸送ヘリ:
    • MRH90(新規追加)
    • AUS UH60(USA装備品のリテクスチャ)

設置物

  • HMG: M2 Emplacement(USA/GB/CAFと同一の物)
  • ATGM: BG71 TOW Emplacement(USA/GB/CAFと同一の物)
  • 迫撃砲: 81mm F2 Emplacement(USA/GB/CAFと同一の物)

司令官の装備品

  • 司令官CAS: F/A-18によるロケット攻撃 
  • 司令官砲撃:
    • 12 Cannon Salvo Circle(USA/GB/CAFと同一の物)
    • 12 Cannon Salvo Line(USA/GB/CAFと同一の物)
  • Commander UAV: MQ-9 Reaper(USA/GB/CAFと同一の物)

オーストラリア軍を使用可能なマップ

  1. Anvil AAS v1
  2. Anvil AAS v2
  3. Anvil Invasion v1
  4. Anvil Invasion v2
  5. Anvil RAAS v3
  6. Anvil RAAS v4
  7. Anvil Skirmish v1
  8. Anvil TC v1
  9. Al Basrah Invasion v3
  10. Al Basrah AAS v3
  11. Chora AAS v4
  12. Chora RAAS v3 – features old school F88 Rifles.  2 pre-captured flag, INS start with extra 40 tickets
  13. Fallujah Invasion v4
  14. Fallujah RAAS v4
  15. Fool’s Road RAAS v4
  16. Gorodok RAAS v7
  17. Gorodok RAAS v8 – INS/MIL begins with 2 flags pre-captured and starts with an extra 40 tickets
  18. Jensen’s Range v6
  19. Kamdesh AAS v1
  20. Kamdesh Insurgency v1
  21. Kamdesh Invasion v4
  22. Kamdesh Invasion v5
  23. Kamdesh Invasion v6
  24. Kamdesh RAAS v5
  25. Kamdesh RAAS v6 – new layout with 1 pre-captured flag.
  26. Kamdesh Skirmish v1
  27. Kamdesh TC v3
  28. Kohat AAS v3
  29. Kohat RAAS v8
  30. Kokan AAS v3
  31. Kokan RAAS v3
  32. Lashkar AAS v3
  33. Lashkar AAS v4
  34. Lashkar Invasion v2
  35. Lashkar RAAS v2
  36. Lashkar RAAS v3
  37. Lashkar Skirmish v1
  38. Lashkar TC v4
  39. Logar AAS v3
  40. Mutaha AAS v3
  41. Mutaha Invasion v3
  42. Mutaha RAAS v2
  43. Mutaha RAAS v3
  44. Sumari AAS v3
  45. Sumari Seed v2
  46. Tallil RAAS v5
  47. Tallil Invasion v4
  48. Yehorivka AAS v3
  49. Yehorivka RAAS v8

FOB設置物の改善

防御用施設へのアップグレードパッケージについて

  • Pillbox sandbags, HMGバンカー, HASCOバンカー, Indirect Fire Shelters, HABへのカモフラージュネットの追加

追加の背景:
  設置物を遮蔽として利用している歩兵の発見難易度を上げるために追加されました。カモフラージュネットの一方は接近して半透明状の遮蔽物として利用できる一方で、反対側からは完全に見えない状態となります。これらの設置物をより防衛時の防御に有効利用できるように、また新しいマズルフラッシュの効果を調整することを想定しています。

  • 新規施設の追加、要塞化されたHASCO監視塔を全陣営に追加しました。

追加の背景:
 防衛に当たるプレイヤーに、周辺の偵察や射撃に利用可能な防護されたより高い位置を提供することを目的としています。またHASCO wallや土嚢壁、HMGバンカーなどの他の防衛用施設と組み合わせる際に、角に当たるピースとして使用することもできます。主な目的は防衛に当たるプレイヤーに対して、敵から見られずにカモフラージュされた監視位置、射撃位置を提供するところにあります。

  • 利点: より多くのHPを持ち、侵入に対して防御性が高く、よりよい視界が確保できる点
  • 欠点: 建設に際してより多くの資材と時間を要し、範囲攻撃を可能とする武器に対して明確なポジションとしてターゲティングされやすい点
https://joinsquad.com/wp-content/uploads/SnowObsTowerFinal-1.png
  • 新規施設の追加、木製の監視塔(カモフラージュネット付き)をMilitiaに追加しました。
  • 利点: 監視と射撃支援により適した視界が確保できる点
  • 欠点: 範囲攻撃を可能とする武器に対してより明確なポジションとしてターゲティングされやすい点
https://joinsquad.com/wp-content/uploads/MILTowerFinal.png
  • 試験的な「燃えたタイヤの障害物」のInsurgentsへの追加
    • 設置への制限: FOBに対して最大2コマで設置可能です。また下記の一部のマップレイヤーにおいてのみ使用することができます。
      • Al Basrah AAS v2
      • Al Basrah Insurgency v1
      • Al Basrah Invasion v1
      • Al Basrah Invasion v2
      • Al Basrah RAAS v1
      • Al Basrah Skirmish v2
      • Anvil Invasion v1
      • Anvil Invasion v2
      • Sumari Invasion v1
      • CAF Al Basrah Invasion v1
      • CAF Al Basrah Invasion v3
      • CAF Mutaha Invasion v1

追加の背景:
 このInsurgentに対してのみ独自に追加された設置物は、車両の移動を遅延させ、敵の増援の方位を制限し、また移動可能なルートを隠ぺいする、射線を制限し、敵に対して恐怖とカオスを感じさせるように設計しました。

https://joinsquad.com/wp-content/uploads/tirefirefinal.png
  • HAB、土嚢壁、HASCOなどの他の設置物に対しての、周辺の環境に合致したカモフラージュの追加。各陣営の設置物は森林、砂漠、迷彩などの各気候に合う形での色彩を持ったカモフラージュが施されています。また下記の陣営にそれぞれ固有のバリエーションが存在します。
    • NATO(USA, GB, CAF, AUS)
    • RUS
    • MEA

追加の背景:
 これは各設置物がより周辺の環境に溶け込むように、これまでより少し特に空からなどの長距離からの発見に手間取るように意図されています。

  • 設置物のフラグメンテーションおよびHEATによるダメージに対する耐性を調整しました。これは設置物をより強固なものとすることを目的としています。影響範囲は下記の設置物です。
    • Sandbag walls
    • HESCO walls
    • HESCO blocks
    • HESCO bunkers
    • HMG Bunkers
    • HABs
    • Razor Wire

追加の背景:
 これはより大規模に設置されたFOBが迫撃砲や司令官砲撃の対象となるように意図されています。これらの攻撃手段が最終手段として用いられることに対して、設置物をより強化することにより防衛戦も楽しめるように企図しています。

  • HAB設置のためのインジケーターがHABからの出口を表示するようになりました。この出口表示はその出口が障害物でふさがれている場合、緑色から赤色に変化します。これにより、HABからの出口が完全にふさがれた状態で建設されるのを防ぐことを目的としています。

システム面・ゲームプレイ面での更新点

  • ほとんどのパーティクルに関するVFXを、視覚効果の向上とパフォーマンスの改善の為変更しました。
    • 設置可能な土嚢が破壊されるときのFXを、変更および最適化しました。
  • 拠点の制圧速度を表示するインジケーターを、画面右上の拠点制圧状況の表示に追加しました。矢印が拠点制圧状況を示すバーに表示され、どの程度急速に拠点を制圧/喪失しているか分かるようになりました。拠点制圧速度の概念は、過去のv2.14アップデートで追加されました。

追加の背景:
 分隊がまとまって拠点を制圧し、プレイヤーがより多く拠点に存在することについての利点を明確にすることを目的としています。

  • 拠点の制圧速度の倍率を変更しました。拠点制圧は全般的により長時間化しています。また中立の拠点に3名以下の歩兵がとどまる際の変動性がより明確になりました。拠点制圧に関するインフォグラフィックは下記をご覧ください。
https://joinsquad.com/wp-content/uploads/CaptureRateScaling_Squad.png

追加の背景:
 分隊内および分隊間のチームワークをより推奨し、集団で拠点を制圧すること、また分隊がまとまって初動のバックキャップに取り組むことを推奨することを企図しています。また初動の動きの戦略的な重要性、特に拠点から拠点に移動することを推奨する為に設定しています。全体的に見てこの変更は、一人でバックキャップする歩兵を妨害するよりも、拠点に初動にラッシュする際に分隊まとまって移動することに利点をもたらしています。

  • Depth of Field (DoF) 効果を追加しました。動きにより効果を付け、視覚効果をより向上することを焦点としています。
    • ADS状態で武器を構える際、バイポッドを展開した際、車両のビューポートから見る際などにより変化を感じられます。
    • Post Process Qualityの設定によりこの効果の品質とパフォーマンスは制御されています。設定をLowにした際にこの効果は無効化されます。
  • VFXおよびSFXを適用する車両のメッシュをより単純な新しいものへと変更しました。
  • MilitiaおよびInsurgentのAK74(1P29付き)のゼロインを100mから400mまで、100mずつ変更できるように再設定しました。
  • GBのSUSATが装備された歩兵用装備のゼロインを100mから600mまで、100mずつ変更できるように変更しました。
  • 車両の車内の音響のうち爆発物の弾着があった時のサウンドセットに、新しく2つのサウンドを追加しました。これまでの車両の車内に搭乗する人員がダメージの深刻さを判別できなかった問題を解消しています。(例として、UGLの弾着音がタンデム弾頭と同じサウンドになっていた点など)
    • 全てのUGL / 手榴弾にはより軽い新しい音声が割り当てられます。
    • 徹甲弾系の弾種については別の貫徹したより破壊的な音声が使用されます。 (APFSDS弾など)
    • 全ての戦車砲はこれまでに使用されていた既存の音声が使用されています。
  • CAFの司令官CASをCF-18のロケット攻撃に変更しました。
  • 標準的なライティングを変更しました。FX emissive bloomはmaterial instance brightnessの設定項目で変更できます。
  • ゲームモードについての詳細説明と、サーバブラウザで表示されるツール説明表記をより短く理解しやすい表記に変更しました。
  • Combat Engineerキットが所持する鉄条網の一段階目の建設時の高さを膝の高さ(FOBにより設置可能な鉄条網と同様)に変更しました。
  • 設置可能な鉄条網が建設中にダメージが入らない様に、歩兵および車両に対する当たり判定を調整しました。
  • キーボードとマウスを併用した際の設置物の砲塔回転速度を調整しました。
  • オープントップ車両の砲塔でWASDキーにより拡大表示する際の調整機構を追加しました。
  • MEA BRDM-2, MEA BMP-2, MEA BMP-1, MEA Ural-4320 & RUS 森林迷彩のBMP-2の車体のテクスチャを、砲塔や履帯、タイヤなどの細かなディテールが表現できるように調整しました。
  • Mi8/Mi17 ヘリコプターのデフォルトの弾薬、建設ポイントの配分を750/750から900 弾薬ポイント / 600 建設ポイントに変更しました。
  • AR/MGキットの弾帯の弾薬数を調整しました。新規スポーン時に100発以上の弾薬を所持しているキットはなくなりました。MIL ARキットと、FN Minimiを所持するキット、CAFのARキット(C9を装備)は200発の弾帯を使用している為、例外的に所持しています。ほとんどのAR/MGは現在は1つの弾帯のみを新規スポーン時に所持しています。例外的にRUSのARキット(RPK-74を装備)は45連マガジンを2本所持してスポーン可能です。
  • CAFの砂漠および森林迷彩のスポーンスクリーンの陣営選択画面の画像を、最近の更新されたキャラクター及び武器を持つ画像に更新しました。

バグフィックス

  • 新しいマップレイヤーにスイッチした際に、異常に薄い霧の表示となる問題を修正しました。
  • SQMapMarkerManagerに関連したサーバクラッシュの問題を修正しました。
  • RAASの拠点が「ダブルニュートラル」状態となった際の戦場の霧が正しく表示されない問題を修正しました。以後RAASのマップレイヤーでは、いったん拠点を「発見」した後には常にチームメンバーに対して表示されるようになります。またこれ以上拠点の制圧を進められない状態の際には、「鍵」のアイコンが拠点のアイコンに対して表示されます。(ダブルニュートラルの状態など)また拠点の制圧状況を表示するバーはこの際には表示されなくなります。
  • プレイヤーに対して誤った拠点の制圧状況を表示していた、マップ上のダイアモンド型の拠点制圧アイコンについて、どちらのチームも拠点を制圧していない状態において点滅していた問題を修正しました。
  • 歩兵装備のADS表示時に不必要に表示されていたブラー効果の問題を修正しました。:
    • ADSと腰溜めの状態を切り替えた際の異常なカット切り替えについて修正しました。この効果は現在はフェードイン/アウトによって切り替えられます。
    • ADSでない状況でブラーのシャーダーがパフォーマンスに与えていた影響を無くすよう最適化しました。 
    • ADS時の効果がまだ追加されていない一部の兵器について、効果を適用しました。
    • 倍率の高い光学機器を使用している際のブラー効果を増加しました。
  • ヘリコプターを使用するマップについて、ミニマップの効果を修正しました。 (弱いマップの境界線効果を使用する場合) ミニマップは想定されていたよりもより(薄)暗く表示されていました。
  • 一時的にディザがかかった状態となる草のAAシェーダを修正しました。
  • 車両のHUDの映像効果について修正しました。砲塔のコンポーネントについての状態表示のうち、砲塔機能が破壊されていた場合に、スタビライザー機能が破壊されていない様に見える問題がありました。
  • contact shadowsがlowやmedium のshadow qualityが設定されている場合でも常時オンとなるように修正しました。
  • 複数の搭乗員が登場していたヘリコプターが墜落した際に、パイロットに対して過大なTeamkill のペナルティーが与えられていた問題について修正しました。登場したすべての人員のTeamkillがカウントされていた過去に対して、現在はパイロットのペナルティーは単一の自殺に関するペナルティーのみに修正されています。
  • 歩兵に対して二重にヒット時のサウンドが聞こえていた問題を修正しました。
  • 車両の運転手が使用可能なスモークディスチャージャーについて、運転手から発生した煙幕が見えない問題を修正しました。
  • RUS/MEAの設置式Kord HMGの照準装置について、測距用のマーカーが不正確なものだった問題を修正しました。
  • GBのFV107 Tracked ReconのメッシュLODに関する小規模な問題を修正しました。
  • RUSのKamaz 5350 Truckについて、荷台で匍匐している際に歩兵が発砲できない小規模な問題を修正しました。
  • Destructionゲームモードの説明文について、スクロールしなくても16:9の画面に収まるように修正しました。スクロールが必要な画面比率の場合は、マップ画像とテキストがまとめてスクロールするように修正しました。Combat Engineerの爆発物の必要性をより明確に記述しました。
  • 兵士のバックパックが三人称視点の匍匐時に、ピッチアップとピッチダウンを繰り返した際に異常な動きとなる点を修正しました。
  • USA HAT MAAWSの照準にギャップが存在していた点を修正しました。
  • CAFとMEAの設置物の旗の見た目の問題を修正しました。
  • RUSの森林迷彩のBMP-2についてviewportテクスチャの見た目の問題を修正しました。
  • Militia Heavy Machine gunnerの唇のテクスチャが後頭部から引っ張られているような見た目の問題を修正しました。
  • ヘリコプターのドア部銃座に据えられているM240のマズルフラッシュが、M240とともに移動していないように見える問題を修正しました。

マップの更新とバグフィクス

  • 新マップレイヤー「Goose Bay Invasion v3」を追加しました。USA対RUSの制圧拠点の範囲が大きい、薄暗いレイヤーです。
  • 新マップレイヤー「Narva Invasion v3」を追加しました。USA対RUSのマップのあまり使用されていなかった地点を利用するような拠点配置のレイヤーです。
  • 新マップレイヤー「Sumari Seed v2」を追加しました。AUS対RUSに陣営を変更したSumari Seed v1レイヤーです。
  • Belaya – 新しい地形描画レンダラを使用するように更新しました。
  • Fallujah RAAS v1 – 車両のレイアウトを変更しMEA Simir KornetをBMP2 IFVで置き換えました。
  • Fallujah – 設置物がいまだに設置可能だった一部の地下下水道を修正しました。すべての設置物を地下下水道に設置不可としています。
  • Fallujah – 地下下水道の入り口を車両が侵入不可能なように調整しました。バイクは現在は侵入することができません。
  • Fallujah – G5-3-2に存在した外れた状態の壁を修正しました。
  • Fallujah – Fallujah 北西部に設置されていた鉄道車両の様々なグラフィックの問題、LODs, プレイヤーが貫通して対面のアセットを見ることができる問題などを修正しました。
  • Goose Bay – 浮いている草を修正しました。
  • Goose Bay – ミニマップの明るさを調整しました。
  • Gorodok – グリッドF6-1-2, H4-1-4, F7-7-8, C12-8-3に存在した浮いている草を修正しました。
  • Infantry Tutorial – オーストラリア軍を歩兵、車両の判別表記表に追加しました。
  • Kamdesh RAAS v4 – MEAのMTLB 6MAのリスポーン時間を10秒から6分に修正しました。
  • Kokan – 全てのKokanレイヤーで司令官に就任できないように修正しました。
  • Narva – Narvaの昼間のライティングを修正しました。現在はよりバランスの良い色温度とコントラストで設定されています。
  • Narva Destruction v1 – 初動の車両のスポーンに純分な量のスポナーが配置されていなかった問題を修正しました。
  • Narva Destruction v1 – アメリカ軍がTeam1となっていなかった問題を修正しました。これにより連続してアメリカ軍をプレイすることがなくなりました。

サーバ管理機能の更新

  • サーバにおいてクラッシュリポーターが正常に起動しない問題を修正しました。Linuxでの深刻なクラッシュの問題の解決策を収集する為に、すべてのサーバプラットフォームで現在はデフォルトで有効化されています。

SDKの更新

  • BP_Weapons_Marketing、武器のメッシュを関連するアタッチメントを含めてロード可能なBPの為のツールを追加しました。
  • Modのメジャーバージョンを2から3に更新しました。
  • 車両の装甲メッシュシステムを、VFXとSFXに適用する新しい単純化された方式に変更しました。

様々な問題を回避する為にキャッシュクリアを実行してください。

  • もし問題が発生している場合、アップデート後にSettingsの”CLEAR CACHE”からキャッシュのクリアを実行してください。

オーストラリア軍陣営については当初、MOD作成チーム「Midnight Interactive Pty Ltd」により作成されていました。OffworldはこのMODを買い取り、アートワークと機能のチューニングに数か月を掛けて最適化しました。

  • Offworld Industries

OFFWORLD OUT.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください