「排水管でキジを撃つ」

Pocket

 Project Reality:Falklandがバージョン1.0リリースを機に削除されてから4月で9か月ほどが経ちました。
 同時に削除されたProject Reality:Normandyの方は、これまでにも複数記事がDEVblogとして挙げられていて目に留まることも多かったのですが、一方Falklandの方はというと、今回久方ぶりの新兵器についてのリポートが挙げられています。
 Shooting Pheasants with a Drainpipe – Project Reality Forums

 

 Blowpipe(ブロウパイプ)対空ミサイルは1975年からFIM-92導入まで、イギリス軍などで使用されていた対空ミサイルで、既にProject RealityにはStarstreekへの搭載兵器として登場しています。


  誘導方式はMCOLSと呼ばれるもので、セミオートマチック方式の誘導方法をとっているので現在のFIM-92などの赤外線による誘導方式と異なって、人力で照準を発射から弾着まで合わせ続けている必要があります。感覚的にはEryxやTOWなどのATGMに近いものと言えるでしょうか。
Blowpipe Missile – Project Reality: Falklands – Youtube
 対空に歩兵用のHATを使用する手法は以前から一部得意とする人々がいましたが、「排水管でキジを撃つ」の意味するところ、非常に当てるのが難しいのであんまり現実的じゃないかもしれません。実装される際には近接信管の調整など、より航空機を落としやすいような補正が入るかと思います。

 加えて、英軍のOfficer装備についてですが、迷彩は相変わらず現代と変わらないMTP様のものを使用していますが、新たにグリーンベレーが追加されてます。こういった細かいところもちょこちょこと弄ってるみたいですが、人型全体のリスキンまではまだ実装していないみたいです。
 [Texture] British 1968 DPM Camo (PR:F) [WIP] – Project Reality Forums

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください