CSB仮設橋について

Pocket

Project Realityには、橋が破壊されたときのために仮設橋が用意されていますが
今日はそれをネタに少しばかり。

 

CSBという名称のこの仮設橋、物資トラックから設置出来るようになっているんですが
結構便利な割に、とてつもなく利用者が少ない。
過去に私以外でおいているのを見たのは、橋を破壊された英軍のAPC部隊が
Basrahでちまちま置いているくらいですね。

利用率の少ない一因としては、CSB掛けるために物資を2つ消費しなければならないとか
設営に掛かる手間が惜しいというのが大きいでしょうね。
上の仮設橋はJabal Al BurjのMEC側前哨基地の南に置いたものですが
設営完了まで延べ8往復、時間にして16分06秒掛かっています。

設営自体の難しさについては、何度もやって慣れてみるとしか……。
設営の際のコツとしては、出来るだけCSB上でハンドルを切らないことですかね。
下手に架橋地点と平行に設営しようとすると、ドツボにはまります。
それから、物資トラックに用意されている車外視点(デフォルトでCキー)を使うと
後方の確認がより楽になったりします。(意外と知らない人も居るみたいで)

Basrahの解説記事でも述べたとおり、マップが河川で大きく2分されている場合には
渡河地点の確保が非常に重要になります。
もし分隊人数が少なかったり、単独で行動しているときなど
チームに貢献する意味で積極的にCSB設営、やってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です