カウンタースナイパー(対狙撃手)

Pocket

Counter-sniper tactics – Wikipedia, the free encyclopedia

Wikipediaの記事のカバー範囲には時々驚かされますね。
戦場での狙撃手への対応は古くから研究されてきていますが、関係する文書だと
Field MunualのChapter6″SNIPER AND COUNTERSNIPER TACTICS, TECHNIQUES, 
AND PROCEDURES“「狙撃手と対狙撃手の戦術、テクニック」とか
Counter Sniper Cardなどなど、米軍がいろいろと作成しているものがあります。

・部隊へのダメージを避けること
ある程度慣れた狙撃手の場合、現実でもゲーム内でも変わらずHVT(High Value Target)
間違いなく狙うでしょう。無線機を携行する分隊長や衛生兵などは、自分が価値の高い目標として
狙われやすいことを自覚したほうがいいでしょう。
これらの役割を担っている場合には、絶対に狙撃手の射線に出ないようにしてください。

・位置を特定すること
狙撃手に実際に狙撃されている間に出来ることは非常に少ないです。
対抗策を練るにも、まずは敵の位置を特定しないことには指揮官は何もできないでしょう。
特定する方法には、音響、発砲煙やマズルフラッシュ、弾痕の位置、双眼鏡で実際に捜索する
などがあります。
もっとも有効に作用するのは、発砲音から方向と距離を特定することでしょうか。
相手に姿を晒さずに大体の距離と方向を掴むことができまずが、相手が発砲しない限りは
特定できません。

・相手の視界を遮ること
狙撃を受けている際には、被害を最も小さくするために遮蔽をとりましょう。
都市部や立て込んでいる場合には、建物や柵、自動車などを、開けた地形で周辺に隠れられる
物がない場合には、できる限り高低差などの地形を利用して遮蔽を取ることができます。
また、遮蔽を人工的に作るものとしては煙幕(スモーク)を展開することが重要です。
ただし、煙幕は投擲してから展開するまでに時間が掛かる場合が多いので、その点に
気をつけてください。また、煙幕を展開する際にはできるだけ相手の狙撃手に近い位置
こちらから遠い位置に展開するようにしてください。

・狙撃手への対抗
「原則は放置」
原則として、狙撃手を殺害する必要がない場合には放置してください。
射線が通る位置を外れれば、相手からの脅威は一気に少なくなります。

「安全な攻撃策を」
攻撃を加えて相手を殲滅する必要がある場合、主力戦車や歩兵戦闘車、航空機からの支援射撃
迫撃砲などの砲撃で攻撃することで、リスクを最小限に抑えることができます。
自部隊の被害を最小にするためにも応援の要請を。

「制圧する際には正面攻撃を避ける」
狙撃手がこれから制圧する必要のある建物の中に居る、などの状況では相手の狙撃手を
迂回して制圧するほうがいいでしょう。
ただしこの間にも、迂回している部隊が居ることがばれないように、煙幕を展開して視界を奪い
相手に制圧射撃を加えて、こちらの人数を実際よりも多く見せることが重要です。
あるいは、高所に移動して射撃することで、相手よりも有利に戦闘できるようになるでしょう。

「最後の手段として突撃」
周辺に迂回路がなく、開けた地形で他に手段がない場合、同時に多数の歩兵で
相手の射線に出ることで、相手の混乱を誘うことができるかもしれません。
また、的が多くなることで相手との距離を詰めるチャンスが生まれて、こちらからの射撃が
有効になる距離まで近寄ることができれば、相手の殲滅が容易になります。

・Wikipediaによる基本的な狙撃手対応手順

  • Basic sniper identification method
  1. The defenders monitor contact. As soon as contact is taken, the defenders try to make sure to take cover. If the defenders are on dismount, they try to make sure cover is the closest and most secure cover possible. If the defenders are mounted, they try to ensure all gunners reduce to “Chin strap defilade” where nothing is showing out of the vehicle but the chin and above. The defenders try to ensure the gunner has proper shielding.
  2. The defenders scan the area to locate the snipers position.
  3. The defenders pop smoke to cover and conceal their position.
  4. The defenders designate the element, close in with the element and destroy the enemy.

1 防御側が接敵を確認した場合、防御側はできるだけ早く遮蔽物にかくれます。防御側が
  車両から降車している場合には、可能であれば最も近くて安全な遮蔽に隠れるようにして
  ください。車両に乗車している場合には、銃座についている場合には下顎の紐より上だけ
  見せるような、できるだけ見える位置が少ないような姿勢をとってください。防御側は銃座手が
  できるだけ安全な防護を受けれるように協力しましょう。
2 防御側は狙撃手の位置を特定するために、区画を捜索してください。
3 防御側は相手との間に煙幕を展開してください。
4 防御側は狙撃手の居ると思われる場所を指示して、接近して敵を征圧してください。

さいごに
これらの狙撃手に対抗するための手法は、基本的には歩兵対歩兵の戦闘の戦術を
拡張したものに過ぎません。つまり、これらを知ることで通常の白兵戦でも有利に戦うことが
ある程度期待できるでしょう。

参考にしたもの

Field Manual 3-06.11 Chapter 6″SNIPER AND COUNTERSNIPER TACTICS, “

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です